2020年2月22日土曜日

仏教の原点を考える!

時代識知としての“宗教”の特性を考えていきますが、最初は仏教!

周知のとおり、仏教はBC500年頃、北インドでゴータマ・シッダールタ(釈迦)が創始し、教団を組織化した宗教です。

初期仏教では、どのような視点で環境世界を捉えていたのでしょうか。


筆者所蔵の諸文献の中から、日本の仏教学仏教哲学を代表される先生方の見解を引用しつつ、その教義を推測してみましょう。


  
 高崎 直道 先生
仏教の教理の基本は,しばしば〈諸行無常:しよぎようむじよう)〈一切皆苦:いつさいかいく〉〈諸法無我:しよほうむが〉〈涅槃寂静:ねはんじやくじよう〉の四句に要約される。これを一般に四法印と呼ぶ。ときには〈一切皆苦〉を除いて三法印という。
(「仏教」:CD-ROM版・世界大百科事典 第2版 ベーシック版:1998)

 山崎 正一 先生
当時のインド思想界では、バラモン系統の有力な思想として、現実の世界の根源を「アートマン(永遠の魂―筆者注)」であるとする説があり、これに対してゴータマ仏陀は、この現実の世界を無常の世界であり苦の世界であるとする(「一切皆苦」)。そこに常住不変のアートマンのような精神的実体があるわけでもなく、また地水火風のような常住不変の物質的実体があるわけでもない。常住不変のものがあると思い、それに固執することによって多くの煩悩が生じる。しかし真実には常住不変なるものはない(「諸法無我一切は無常である:諸行無常」)。このありのままの心理を体得することにより、一切の苦を減しつくすことができよう(「涅槃寂静」)。そこに大いなる慈悲の世界が開かれてくる。現実の生命の世界は、真実を求める知性により浄化されて、広く豊かな生命の世界として救い上げられ恢復され開かれてくるのである。
(「仏教」:現代哲学事典:講談社現代新書:1970)

 三枝 充悳 先生
ブッダは「現実は苦である」との探究から出発し、それの解決を求めて修行し、苦からの解脱(げだつ)を覚って仏教を樹立した。苦とは、自己の欲するとおりにならない、願いがかなえられないことをいい、それを深く探究していくと、自己の外(そと)のものが思うようにならないというよりも、むしろ自己の内(うち)なるものが自己に背く、逆にいえば、たとえば、生(しょう)・病・老・死からの解放というような、自己にかなわないものを、自己が欲する、そのようなところに苦の本質があって、いわば自己矛盾ないし自己否定ということになる。(中略)それらの底にある執着(とくに我執)を排すべきことが「無我」と説かれる。これらの現実のありのままを明らかにして、覚りが開かれ、解脱が完成したところに、なにものにも乱されない槃の寂静が実現する。
(「仏教」:日本大百科全書(ニッポニカ):1994)

 中村 元 先生

仏教の教えというものは、この上に輝く日月のようなものである。太陽や月があらゆる人を照らすように、仏教の教える真理というものは、あらゆる人に明らかなものであり、あらゆる人を照らす。(中略)およそこの世のもので、いつまでも破れないで存続し続けるものは何もない。いつかは破れ消えうせるものである。(中略)この変転常ない世の中では、まず自分に頼るべきである。自分に頼るとはどういうことであるか。自分はこの場合にどうすべきかということを、その場合その場合において考えることでしょう。その場合 何を判断決定の基準にするのか。それは「人間としての道」「」、インドの言葉で言うと「ダルマ」と呼ばれるものです。これを「法」と訳しますが、この人間の理法というもの、これに頼ること「自己に頼れ、法に頼れ」。これが釈尊の最後の教えでありました。
(仏教の本質:NHK:2009/07/18)

以上のように見てくると、初期仏教の教義は、環境世界と人間の関わり方というより、個人としての人間の生き方を中心的なテーマにしているようです。

しかし、時代が下り、多くの人々を教団化するにつれて、より集団的、社会的な視点を加えるようになり、人間集団を動かす「時代識知」へと変化していきます。

2020年2月13日木曜日

宗教の定義を識知化する!

「宗教」の最も基本的な特性を3つ絞ってきましたが、これには四大宗教以前の特性も含まれており、時代識知と考える場合には適しているとは思われません。

そこで、より精密な宗教の定義を定めるため、下記の3特性からそれ以前の時代識知を差し引いていきます

【宗教の3特性】

原初的、無意識的、生得的な無限感覚という識知行動

超自然的な力や存在を認め、信仰する識知行動

③超自然的現象を理解する教義、儀礼、組織、制度などの社会的装置

【宗教以前の識知】

アニマティズム=ディナミズム(dynamism:動体生命観)・・・ 自他・昼夜・天地などを「動」「不動」に分節し、起因は「生命力」

アニミズム=インモータリズム(immortalism:生死超越観)・・・ 生命力或るものは「意思」を持つ主体、生死を超えて継続する、目に見えない存在

ミソロジー=リレーショナズム(relationalism:万物関係観)・・・ 無意識・心像・神話を、文章共有で集団化し、農耕・牧畜などを継続的実施

【宗教の3特性】から【宗教以前の識知】を差し引く、図に示したように、【識知としての宗教】の特性が浮かび上がってきます。




識知としての宗教

開祖等による記号的観念体系の提唱・・・独創的な開祖(創始者)等が提起した、超自然的な現象を理解する態度や教義などを、宗教以前の“象徴”言語次元を超えて、より具象的な“記号”言語次元の観念体系として提唱する識知構造です。

観念信仰の集団幻想化・・・教義や儀礼など信仰を共有する集団を、宗教以前の限定的集団(同族集団、地縁集団など)を大きく超えて、より広く多様な広義的集団(民族集団、広域集団、国家集団など)にまで拡大しています。

組織・制度の社会的装置化・・・信仰を共有する共同体を維持・継承するため、組織や制度などを整備充実させ、治世方式、生産方式、国家体制など、新たな社会制度に拡大していきます。

このような3点こそ、時代識知として考える場合、宗教”という観念の明確な特性といえるでしょう。

2020年2月3日月曜日

宗教の定義・・・3つの識知的特徴

宗教の定義については、前回述べたように諸説紛々たる状況ですが、「時代識知」という視点から整理すると、極めて単純化でき、以下のように3つの特性が浮かんできます。

原初的、無意識的、生得的な無限感覚という識知行動

●人間の原初的、無意識的、生得的な無限感覚(C.P.ティーレ)

●存在の一般的秩序に関する概念の体系化(C.ギアツ)


●無限なるものを認知する心の能力(M.ミュラー)

超自然的な力や存在を認め、信仰する識知行動

●超自然的な力や存在に対する信仰(『百科事典マイペディア』)

●人間の力や自然の力を超えた存在を認める観念的行動(『世界宗教事典』)


●超自然的な存在に関わる事柄を自明なものに変換する識知行動(『知恵蔵』)


●証明不可能な秩序を神あるいは法則という象徴を媒介として理解する識知行動(『日本大百科全書』)


●証明不可能な秩序を根拠に、人間の生活の目標とそれを取り巻く状況の意味と価値が普遍的、永続的に説明できるという信念の体系(『日本大百科全書』)

③超自然的現象を理解する教義、儀礼、組織、制度などの社会的装置
●信仰に伴う教義、儀礼、組織、制度など(『百科事典マイペディア』)

●聖なる事物に関する信仰と行事との連帯的体系(E.デュルケーム)


●信仰体系に帰依する者を教会という同一の道徳的共同社会に結合させるもの(E.デュルケーム)


●観念体系に基づく教義、儀礼、施設、組織などを備えた社会集団(『世界宗教事典』)


●超自然的な現象を自明なものとし、人々をそのように振る舞わせる社会的装置(『知恵蔵』)

この3つが「宗教」の最も基本的な特性のようですが、①や②の内容には、四大宗教以前のアニマティズムアニミズムはもとより、シャーマニズムトーテミズムミソロジーなどの特性も含まれており、時代識知と考える場合には適しているとは思われません。



より精密な宗教の定義を定めるため、上記の3特性からそれ以前の時代識知を差し引いていきたい思います。

2020年1月25日土曜日

「宗教(リリジョン:religion)」とは何か?

宗教とは一体、何でしょうか?

宗教:(リリジョン:religion)という言葉は、ラテン語の「レジジオ:religio」に由来しています。

さらにその語源として、「relegere説:再び拾う、再読、反復」と「religare説:強く結びつける、再び結びつける」の2説がありますが、両方とも「superstitio(迷信)という言葉と対立する意味で用いられています。


その結果として「religio」が「神々と我々の魂を“再び結びつける”」という意味を持ったものと推定されています。

日本語の「宗教」という言葉も、古くから漢訳仏典で使われていましたが、明治時代になって欧米語の「religion」の公式訳語として採用された結果、一般用語として普及してきました。

こうした経緯により、現在の日本では、「宗教」という言葉を「超自然的な力や存在に対する信仰と、それに伴う儀礼や制度」と解するのが、一番簡明な定義のようです。

もっとも学説となると、世界各国において、宗教者、哲学者、宗教学者、神学者、心理学者、社会学者などにより、まさに百家争鳴の状態であり、ゆうに100を超えるほど、多数の定義が試みられています。





さまざまな著作や事典などで、代表的な定義を列挙してみましょう。

F.シュライエルマッハー(ドイツの神学者:1768~1834年)・・・宗教とは「ひたすらなる依存感情」である(『神学通論』)。

M.ミュラー(イギリスの比較宗教学者:1823~1900年)・・・宗教とは「無限なるものを認知する心の能力」である(『比較宗教学の誕生 - 宗教・神話・仏教』)。

C.P.ティーレ(オランダの神学者:1830~1902年)・・・宗教とは「神と人間との関係」、あるいは「人間の原初的、無意識的、生得的な無限感覚」である(『宗教学原論』)。

E.デュルケーム(フランスの社会学者:1858~1917年)・・・宗教とは「聖なる事物に関する信仰と行事との連帯的体系であって、これに帰依するすべての者を教会という同一の道徳的共同社会に結合させるもの」である(『宗教生活の原初形態』)。

C.ギアツ(アメリカの文化人類学者:1926~2006年)・・・宗教とは「存在の一般的秩序に関する概念の体系化」である(The Religion of Java)。

以上のような諸説を踏まえて、幾つかの事典などでは、さらに詳細な定義が提起されています。
 
●宗教とは、人間の力や自然の力を超えた存在を中心とする観念であり、その観念体系に基づく教義、儀礼、施設、組織などをそなえた社会集団である(『世界宗教事典』)。

●宗教とは、日常の経験によっては証明不可能な秩序が存在し、人間は神あるいは法則という象徴を媒介としてこれを理解し、その秩序を根拠として人間の生活の目標とそれを取り巻く状況の意味と価値が普遍的、永続的に説明できるという信念の体系をいう(『日本大百科全書』)。

●宗教とは、神仏などの超自然的な力や存在に対する信仰、教義、儀礼、組織などをいう(『百科事典マイペディア』)。

●宗教とは、本来自明ではない超自然的な存在に関わる事柄を、自明なものに変換し、人々をそのように振る舞わせる社会的装置である(『知恵蔵』)。

以上のように、諸説紛々たる状況ですが、このブログではあくまでも「時代識知」という観点から「宗教」の特性や本質などを見定めていきたいと思います。

2020年1月18日土曜日

農業後波はリリジョンが作った?

農業前波を生み出した「ミソロジー(mythology)=「リレーショナズム(relationalism)の後で、新たに農業後波を作り上げた時代識知とはどのようなものだったでしょう。

農業後波は「集約農業文明」によって生まれた、AD400年頃からAD1400年に至る、約4億5000万人の波であり、この時代の人類はいわゆる「宗教(リリジョン:religion)の発生によって世界を見つめ直してきたと思われます。

宗教というと、シャーマニズム、アニミズム、ミソロジーなど、原始的宗教から始まるという言説もまた流布していますが、これらについては別の時代識知としてすでに詳述していますので、新たな時代識知として考えるのは、現代にまで強く継承されている、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教、イスラム教の、4大宗教に絞ることにします。


仏教はBC463年インドに生まれたガウタマ・シッダールタにより創始され、BC4~1世紀に経典化が進みました。AD紀元前後に至ってサンスクリット語の大乗仏典が編纂され、AD2世紀には大乗仏教として中国にも伝播しています。

ヒンドゥー教はインドやその周辺の庶民信仰が受け継がれて、BC4世紀頃にインダス川周辺で原型が形成され、AD2世紀にグプタ朝において発展し定着しました。ヒンドゥー教聖典群プラーナは、AD3~14世紀の間に成立したものと推定されています。

キリスト教はBC4年、ユダヤに生まれたイエスが創始し、AD3~5世紀に新約聖書として文書化が進みました。

イスラム教はAD570年頃アラビア半島に生まれたムハンマドを開祖とし、AD650年にコーランとして文書化されています。






こうしてみると、4大宗教は概ねBC5~AD6世紀頃に創始されていますが、文書として経典化され始めたのはAD1~7世紀であり、AD5世紀頃からの農業後波を立ち上げる原動力となったものと思われます。

2020年1月10日金曜日

リレーショナズム(万物関係観)が農耕・牧畜を促した!

農業前波を生み出したミソロジー(mythology)このブログでは新たに「リレーショナズム(relationalism:万物関係観)」という名称を与えた時代識知について、これまで5つの特徴を述べてきましたが、さらに絞り込んでみると、次の3つの要点が浮かんできます。

第1の要点は、人類が無意識次元で捉えた、さまざまな外部環境を、幾つかの “心像象徴”に形象化し、それらを連結させた「文章=神話」によって、集団的に共有したことです。

人類の言分け能力は、身分けされた対象をイメージとしての“心像”で捉える“象徴”能力と、音声化された“記号”で捉える“記号”能力に大別されます。

前者は無意識次元のイメージを“心像象徴”によって連結化した“神話”となり、後者は意識次元の観念を“音声記号”によって文章化した“物語” になります。

リレーショナズムは、まさしく無意識、心像、神話を特徴とする時代識知といえるでしょう。

第2の要点は、人類が個々人を超え、集団となって生産活動に携わる主体であることを改めて自覚したことです。

一定地域の人々は、特定の神話=文章を共有することで、個々人の次元を超えた、人間集団を自覚するようになり、共同して生活活動や生産活動へ向かっていきます。

第3の要点は、自然環境へ積極的に働きかけ、循環的な農耕や定着的な牧畜などを継続的にようになったことです。

時代識知の流れを振り返ると、石器前波を創り出した「ディナミズム(dynamism)=動体生命観」や石器後波を創り出した「インモータリズム(immortalism:造語)=生死超越観」を礎石としつつ、

リレーショナズム(relationalism)=万物関係観」は人間集団と自然環境の関係を相関的に捉えることによって、農耕・牧畜という、継続的な生産形態を可能にし、農業前波を生み出していった、といえるでしょう。


以上のような3つの要点が絡まったため、ミソロジー=リレーショナズムは自然系エネルギーをさまざまな要素間に循環させることに成功し、新たな人口容量を作り上げていったものと推定できます。

2019年12月26日木曜日

擬人化で自然環境を活用する!

ミソロジーの5つの特徴のうち、⑤自然現象を応用する人間活動の経緯、を要約してみると、以下のようになります。

さまざまな神話の中には、多様なエネルギーの採集・利用・転換法などの識知的理解を促すものが数多く含まれており、これらが意味するのは、自然エネルギーを農耕・牧畜などへ転換させる際の、最適な対応方法を模索していることだ、と思われます。

そこで、この特性について、もう少し詳しく展開してみましょう。

第1に自然環境神々という主体に擬人化したことにより、人類とのさまざまな関わり方が細かく示唆できるようになりました。

第2には、人類が神々=自然環境に対して、より積極的に働きかける、さまざまな行為の可能性や、その影響が的確に述べられるようになりました。

第3に、人類が多様な人間集団という活動主体となって、さまざまな自然条件へ関わることにより、自然環境もまた作り直されていく可能性が生まれてきました。

以上のような経緯により、ミソロジー(mythology)リレーショナズム(relationalism:万物関係観)という時代識知が醸成されていくにつれ、人間集団が与えられた自然環境を積極的に活用して、循環的な農耕定着的な牧畜などを継続することができるようになりました。

 




それこそが、農業前波の人口容量に拡大可能性をもたらした、新たな時代識知の力だったといえるでしょう。